大月クリニック
                                               心療内科

                                          岩見沢市2条西6丁目3番地2

                                           TEL.0126 25 5568

                                           FAX.0126 25 5926



 大月クリニックは南空知の中心にあります。以前は炭鉱の中心地としてこのあたりの交通機関が集まり人口も多かったのですが、今は閉山の影響で近郊の三笠、美唄、夕張などが衰退し、岩見沢に昔あった遊び場や旅館や料亭もすっかり姿を消してしまいました。中央道りにはきれいな街燈が並びそこを馬車が行きかい駅の前を大勢の人たちが行き来していたころは夢のかなたです。今は田園地帯に囲まれ栗沢ではうまい米日本一になった農家があり、郊外レストランも多く、ワイナリーがいくつもでき、「ぶどうの涙」という映画まで撮られました。札幌のベッドタウンというには少し遠く独自性も残っています。

  そのような中でまだ札幌に4,5件しか心療内科クリニックのなかったころに岩見沢駅前に診療内科クリニックを開きました。農家の方、役所の方、会社の方、自営業の方、学校の生徒さん、家庭の主婦の方などいろいろな方たちを地域の生活状況の中で診ています。生活史と職場の状況と地域の事情などを併せ考え心の問題をみています。                                       
 わたしの専門は文化精神医学です。その見方から精神状況をとらえ対話と薬物療法などを主体に治療しています。

 予約制ですので電話をして受診予約してください。駐車場はクリニックの前と少し離れた横にあります。職員一同ベテランですので安心してご来院ください。 

クリニックの中の様子です。
待合室診察室

                                      
 岩見沢公園の植物園で写真を撮ってみました。


ついでに「なな」です。

プラタナス通信第210号

平成30年9月1日

心療内科 大月クリニック

068-0022 岩見沢市2条西6丁目3番地2

電話 0126-25-5568 FAX 0126-25-5926

当院のホームページ http://www.ootsukiclinic.co.jp

院長 大月康義

診療受付時間

 

午前の部

午後の部

火曜

9時~1130

1時30分~4

水曜

9時~1130

1時30分~4

木曜

9時~12

往診・講義など

金曜

9時~1130

130分~4

土曜

9時~12

 

921日金曜から25日月曜まで休診です

日曜日,月曜日,祝日は休診です

日本医科大学の入試不正は問題です

 文科省の局長の息子を日本医科大学に入学させる見返りに大学に対し特別な便宜をはからったとして文科省の局長と日本医科大学の学長が告発されました。私立医科大学では以前から裏口入学がささやかれ、金持ちの医者の子供はお金を払って入学させてもらっていることは公然の秘密でした。しかし、近年、医師国家試験が難しくなり出来の悪い学生は国家試験に何度も落ち大学の合格率を下げるため敬遠されるようになりました。それが、本来大学入試を厳正に公正におこなうよう指導する立場の文科省局長が息子の点数を水増ししてもらい入学させたのです。とんでもないことです。まじめに入試のための勉強をしてきた学生に対し本当に恥ずべきことです。絶対してはならないことを平気で今まで何十年も行ってきたのです。それだけでもとんでもないことなのに、さらに日本医科大学では女子学生の点数を引き下げて、女子学生の入学者数を減らしていたのです。これはさらにとんでもないことです。女子学生はそのような差別があるとも知らずに受験勉強を頑張り合格点であるにもかかわらず落とされていたのです。受かった女子は優秀です。出産育児などがあり女医は仕事を続けることが少ないという言い分がまかりとおっているようですが、それは間違いです。出産育児にかかわる仕事の継続の難しさは国が制度として仕事を続けられるようにしなければならないことであり、女子学生の入試の点数を引き下げて女医を減らすという発想はとんでもないことです。公正であるべき入学試験がめちゃくちゃになってしまいました。そのようなことが何十年も続いてきたことに愕然とします。これは他の医科大学でも似たようなことはおこなわれているとみて間違いありません。文科省の厳しい対応が求められます。といっても局長があれではまったく期待できませんが。今の日本は正直で公正であることが失われています。

ボランティアおじいさん

 山口県で行方不明になった2歳児が3日後に救助されました。大分から駆け付けた78歳のボランティアおじいさんの働きです。朝に行方不明になったいきさつを家族から聞きその30分後には子供を発見したのです。警察もかおなしのはたらきです。そして謝礼は一切受け取らずさっそうと次の被災地へと向かいました。このようなことがあると普通テレビのワイドショーなどに呼ばれ週刊誌の話題になるのでしょうが彼は一切そういうことにはかかわらなかった。

清宮幸太郎がすごいです

彼が1軍に復帰してからの活躍には目をみはります。すぐさまホームランを打ったと思えば1試合でヒット、3塁打、ホームランと打ったり、翌日には2塁打2本と留まることがありません。ようやく木のバットに慣れてきたとのことです。それにしてもすごい才能です。本当に王選手の記録をこえるかもしれませんね。

エッセー

                            瀬戸英公

「介護の現況」

 母が介護施設に入居して半年が経つ。お盆になんとか一泊の外泊が許されて、うなぎ、お刺身、お菓子と施設ではあまり食べられない食事等できる限りのもてなしをしました。楽しい時間、あっという間に過ぎゆき母は、施設に戻っていった。その後、毎日施設を訪問している私ではあるが、母は、「家に帰る」といってきかない。介護施設の玄関までついてくる▼私にとっては、親友みたいな母ではあるが、母が元気な頃は、東京や旭川に戻る私を駅のホームで大きく手を振り見送る母であった。まるで野口英世の母の如く、自分を犠牲にして子供に尽くした母であった▼家庭や家族、どんな人にとってもかけがえのないものであると思う。暖かい家庭があるからこそ闘い得るのだ。

編集後記 自民党の総裁選挙が始まる。石破氏は正直公正な政治をスローガンにしたが、それは安倍首相を誹謗するものだと自民党議員がいった。それはまさに安倍首相が不正直不公正だと言っているのと同じである。