大月クリニック
                                               心療内科

                                          岩見沢市2条西6丁目3番地2

                                           TEL.0126 25 5568

                                           FAX.0126 25 5926



 大月クリニックは南空知の中心にあります。以前は炭鉱の中心地としてこのあたりの交通機関が集まり人口も多かったのですが、今は閉山の影響で近郊の三笠、美唄、夕張などが衰退し、岩見沢に昔あった遊び場や旅館や料亭もすっかり姿を消してしまいました。中央道りにはきれいな街燈が並びそこを馬車が行きかい駅の前を大勢の人たちが行き来していたころは夢のかなたです。今は田園地帯に囲まれ栗沢ではうまい米日本一になった農家があり、郊外レストランも多く、ワイナリーがいくつもでき、「ぶどうの涙」という映画まで撮られました。札幌のベッドタウンというには少し遠く独自性も残っています。

  そのような中でまだ札幌に4,5件しか心療内科クリニックのなかったころに岩見沢駅前に診療内科クリニックを開きました。農家の方、役所の方、会社の方、自営業の方、学校の生徒さん、家庭の主婦の方などいろいろな方たちを地域の生活状況の中で診ています。生活史と職場の状況と地域の事情などを併せ考え心の問題をみています。                                       
 わたしの専門は文化精神医学です。その見方から精神状況をとらえ対話と薬物療法などを主体に治療しています。

 予約制ですので電話をして受診予約してください。駐車場はクリニックの前と少し離れた横にあります。職員一同ベテランですので安心してご来院ください。 

クリニックの中の様子です。
待合室診察室

                                      
 岩見沢公園の植物園で写真を撮ってみました。


ついでに「なな」です。

プラタナス通信第214号

平成31年1月1日

心療内科 大月クリニック

068-0022 岩見沢市2条西6丁目3番地2

電話 0126-25-5568 FAX 0126-25-5926

当院のホームページ http://www.ootsukiclinic.co.jp

院長 大月康義

診療受付時間

 

午前の部

午後の部

火曜

9時~1130

1時30分~4

水曜

9時~1130

1時30分~4

木曜

9時~12

往診・講義など

金曜

9時~1130

130分~4

土曜

9時~12

 

12月30日日曜から来年の1月7日月曜まで正月休み,2月1日金曜から4日月曜まで休診、日曜月曜,祝日は休診です

ゴーン会長再逮捕拘留延長はどういうことなのでしょう?

 ゴーン元会長が一度釈放されそうになって、検察が10年前のすでに時効となっていることを、海外に行っていた間は時効期間に含まれないとして再逮捕しました。検察はなにがなんでも拘留し続けたいのでしょう。これは今まで日本では当たり前のように行われてきました。鈴木宗男は1年以上拘留されていたのではないでしょうか。3畳間にトイレのついた部屋です。1年間の拘留ならばかえって刑務所にいた方が楽でしょう。しかも彼は胃がんの手術後でした。すごい根性です。ところでゴーン元会長は頑強に犯罪を否定していて検察はクロとすることができず、大失態となりかねません。ゴーン元会長にはすごい弁護士がついています。はっきりいって今回検察がやったことは、例えば車を車庫入れするときシートベルトをしていないのをつかまえるようなものです。だれでもすべて法律を守って生活しきれるものではありません。ちょっと信号を無視したり、気づかず右折禁止を曲がったり。だれかを捕まえようとすればじっと見はっていればどんな人でも逮捕できます。そして、いったん逮捕したなら、どんな軽犯罪を使ってでも拘留延長しつづけ、1年以上も監禁し、毎日尋問すれば悪いことをしていなくても悪いことをしたと言ってしまうでしょう。冤罪成立です。このような日本の司法の異常さを海外のメディアが批判するようになりました。良いことだと思います。日本の冤罪はちょっと多いですから。それに事件の証拠は検察が独占し、弁護側はどのような証拠があるのかさえわからないという現状も是正してほしいものです。しかも検察の拘留延長要求は裁判所で拒否されることはまずありません。最高裁では99.9%有罪となります。もし、無罪判決をだしたならその裁判官は一生地方回りをさせられます。長沼ナイキ訴訟での福島裁判官がそうでした。日本の司法は三権分立していないというのが現状のようです。これは発展途上国なみの国民の権利状態といえます。日本の空をアメリカの戦闘機はどこを飛んでもよいという現状、沖縄で米兵が犯罪を犯しても基地に逃げ込めば日本の法律で裁けないという日米地位協定の改定も政府が真剣に取り組まなければならないことだと思います。来年は新しい年号になるのにあわせてこれらのことの一つでもよくできたらよいと祈念しています。私は個人的にはゴーン元会長が勝って日本の司法が少しでも良くなればと思っています。

高橋大輔選手おめでとう

 今回の全日本フィギュアで高橋選手が2位となりました。宇野選手の1位は別格として、5年ぶりに復帰した32歳の高橋選手が2位になったことは驚きです。フィギュアは年齢がとても影響する競技です。14歳くらいが女子ではピークかもしれません。ロシアの14歳女子が4回転しています。男子でも30歳近くで4回転を飛び続けるのは至難の技です。高橋選手も演技の後半足元がフラフラしていました。相当きつかったのでしょう。5年のブランクがあれば回復するまでは相当のトレーニングが必要です。短い準備期間でよくやったと思います。女子レスリングの伊調薫選手は2年のブランクからの復帰に努力し、ようやく7割まで戻ったということです。それでも優勝ですからすごいものです。

エッセー

                            瀬戸英公

「郵便局の恋愛事情」

 郵便局員の9割は草食人間、よって彼女はいない。毎日2時間の超勤が常態化され、低賃金でデートや結婚する余裕はまったくない。しかし、一人、二人肉食職員がいて、妻子がいながら5、6人の職場の女性と関係を結んでいる。イケメンなので女性からの苦情は全くないのが現実である。E局の局長に至っては、事務センター時代、二人のセックスフレンドを有していた。有名な話ではある。

 郵便局長が現地妻を作るのは、珍しいことではなく、5時半に仕事を終えると現地妻を連れて居酒屋に立ち寄るようである。現地妻は、30代から40代のバツイチの美人がなることが多い。郵便局員は昼休みも取らず、遅くまで働いているのであるが、局長の言葉を借りれば階級が違うとのことである。

編集後記 新年の元号はどうなるのでしょう。楽しみですね。