大月クリニック
                                               心療内科

                                          岩見沢市2条西6丁目3番地2

                                           TEL.0126 25 5568

                                           FAX.0126 25 5926



 大月クリニックは南空知の中心にあります。以前は炭鉱の中心地としてこのあたりの交通機関が集まり人口も多かったのですが、今は閉山の影響で近郊の三笠、美唄、夕張などが衰退し、岩見沢に昔あった遊び場や旅館や料亭もすっかり姿を消してしまいました。中央道りにはきれいな街燈が並びそこを馬車が行きかい駅の前を大勢の人たちが行き来していたころは夢のかなたです。今は田園地帯に囲まれ栗沢ではうまい米日本一になった農家があり、郊外レストランも多く、ワイナリーがいくつもでき、「ぶどうの涙」という映画まで撮られました。札幌のベッドタウンというには少し遠く独自性も残っています。

  そのような中でまだ札幌に4,5件しか心療内科クリニックのなかったころに岩見沢駅前に診療内科クリニックを開きました。農家の方、役所の方、会社の方、自営業の方、学校の生徒さん、家庭の主婦の方などいろいろな方たちを地域の生活状況の中で診ています。生活史と職場の状況と地域の事情などを併せ考え心の問題をみています。                                       
 わたしの専門は文化精神医学です。その見方から精神状況をとらえ対話と薬物療法などを主体に治療しています。

 予約制ですので電話をして受診予約してください。駐車場はクリニックの前と少し離れた横にあります。職員一同ベテランですので安心してご来院ください。 

クリニックの中の様子です。
待合室診察室

                                      
 岩見沢公園の植物園で写真を撮ってみました。


ついでに「なな」です。

プラタナス通信第208号

平成30年7月1日

心療内科 大月クリニック

068-0022 岩見沢市2条西6丁目3番地2

電話 0126-25-5568 FAX 0126-25-5926

当院のホームページ http://ootsukiclinic.com

院長 大月康義

診療受付時間

 

午前の部

午後の部

火曜

9時~1130

1時30分~4

水曜

9時~1130

1時30分~4

木曜

9時~12

往診・講義など

金曜

9時~1130

130分~4

土曜

9時~12

 

7月27日金曜と28日土曜が休診です。

8月15日水曜日がお盆休みです。

8月24日金曜と25日土曜日が休診です。

日曜、月曜、祝日は休診です。

アフリカの砂漠にごみをまいて農地をつくる日本人

 西アフリカの最貧国ニジェールで生活ゴミを集めて砂漠にまき、農地化する試みをしている日本人がいる。京都大学の大山修一准教授である。ニジェールの首都ニアメから出る生活ゴミを砂漠の緑化予定地にまくことで、砂地を草地に変えている。シロアリがゴミの有機物を食べ、地中にシロアリのコロニーができ、そのトンネルを通じて地中に雨水が浸透し、プラスチックゴミなどは風を防ぎ砂が飛ばされるのを防ぐ。さらに、都市ゴミの中に含まれている食べ残しの種が生育し、稗や豆が生えてきている。樹木は5年ほどで林となり人間の飼料や家畜の飼料となる叢林ができあがる。

 ニジェールでは農耕民と放牧民が作物の食害によりしばしば武力衝突が起きてきたが、その叢林をフェンスで囲み、そこに放牧することで、家畜に飼料が与えられるとともに、排せつ物がまた肥料となる。そうすることで農耕民と放牧民が仲良く共存できるようになってきた。また、ニジェールは極度の貧困からテロ組織に子供が加わっていく問題があるのだが、農耕地が増え飢えが緩和されテロ組織へいくものが減ってきている。このように良いことばかりなのだが、問題は政府や地方の行政組織がゴミを砂漠に撒くことでこのようにうまくことが運ぶことを信じられず、支援などがまだ滞っていることだ。最貧国はそれなりに首脳部の頭の貧困もあるようだ。日本もなんとなく危ない気がするのですが。

サッカーワールドカップで日本が大活躍です

 初戦のコロンビア戦始まり早々PKと相手ディフェンスのレッドカードで有利に戦いをすすめ大迫の勝ち越し点で勝利しました。2戦目のセネガルは身体能力が高くスピードもすごいもので、よく日本選手はついて行けたものだと思います。キーパーの川島が年齢的にちょっと動きが遅く判断ミスがあるところが心配です。ただ、ほんの1か月でできた西野ジャパンなのでしかたがないでしょう。守備の連係もあるので今からかえられないでしょう。次はポーランド戦なのですがFIFAランキング世界8位です。2連敗しているとはいえレヴァンドフスキは2発に一回はゴールを奪える超人です。ワールドカップまでは強かったので油断できません。日本チームが慢心しないと良いのですが。

医者のすすめる食事術という本

 金スマで2回牧田善二医師が出演し、著書も52万部のベストセラーになっています。彼は高校時代の同級生です。とてもやさしい方で研究熱心です。肉のあぶらの部分は健康に良いとか、急激に糖分をとらなければ太らないとか今までになかったことを書いていて面白いです。銀座の糖尿病クリニックもはやっているようです。

エッセー

                            瀬戸英公

「セクハラについて」

 昔は、セクハラという概念そのものがなかった。10年くらい前、70歳くらいの清掃婦のおばさんに会話の途中に「裸の付き合いをしていいですね」と冗談を言ったらおばさんは、冗談と気付き笑ったのだが近くで管理者が聴いていてセクハラだということで始末書を書かされた。それ以降、私は職場では、女性とは、挨拶もしないし、一切口をきかないように気をつけている。セクハラは、蹴落としの材料に使われるのだ。電車のなかで、痴漢に間違われないように両手を挙げている男性がいるとのことであるが、そのようなものである。一方で、北見のドンファン曰く、妻子がいながら5人以上の女性と関係を有している人がいるが、ことイケメンであれば、何をしても許される。そういう世の中である。

編集後記 このところワールドカップで眠い日々です。日ハムから近藤と宮西がオールスターに選ばれました。近藤がどれだけ打てるか楽しみです。