大月クリニック
                                               心療内科

                                          岩見沢市2条西6丁目3番地2

                                           TEL.0126 25 5568

                                           FAX.0126 25 5926



 大月クリニックは南空知の中心にあります。以前は炭鉱の中心地としてこのあたりの交通機関が集まり人口も多かったのですが、今は閉山の影響で近郊の三笠、美唄、夕張などが衰退し、岩見沢に昔あった遊び場や旅館や料亭もすっかり姿を消してしまいました。中央道りにはきれいな街燈が並びそこを馬車が行きかい駅の前を大勢の人たちが行き来していたころは夢のかなたです。今は田園地帯に囲まれ栗沢ではうまい米日本一になった農家があり、郊外レストランも多く、ワイナリーがいくつもでき、「ぶどうの涙」という映画まで撮られました。札幌のベッドタウンというには少し遠く独自性も残っています。

  そのような中でまだ札幌に4,5件しか心療内科クリニックのなかったころに岩見沢駅前に診療内科クリニックを開きました。農家の方、役所の方、会社の方、自営業の方、学校の生徒さん、家庭の主婦の方などいろいろな方たちを地域の生活状況の中で診ています。生活史と職場の状況と地域の事情などを併せ考え心の問題をみています。                                       
 わたしの専門は文化精神医学です。その見方から精神状況をとらえ対話と薬物療法などを主体に治療しています。

 予約制ですので電話をして受診予約してください。駐車場はクリニックの前と少し離れた横にあります。職員一同ベテランですので安心してご来院ください。 

クリニックの中の様子です。
待合室診察室

                                      
 岩見沢公園の植物園で写真を撮ってみました。


ついでに「なな」です。

プラタナス通信第206号

平成30年5月1日

心療内科 大月クリニック

068-0022 岩見沢市2条西6丁目3番地2

電話 0126-25-5568 FAX 0126-25-5926

当院のホームページ http://ootsukiclinic.com

院長 大月康義

診療受付時間

 

午前の部

午後の部

火曜

9時~1130

1時30分~4

水曜

9時~1130

1時30分~4

木曜

9時~12

往診・講義など

金曜

9時~1130

130分~4

土曜

9時~12

 

5月3日木曜から7日月曜までゴールデンウィークで休診です。

5月31日木曜から6月4日月曜まで休診です。

日曜、月曜、祝日は休診です。

高校時代の同級生がNHKプロフェッショナルにでました

 彼は岩田徹君といって砂川で国道沿いの小さな本屋を営んでいます。高校時代学生運動で暴れたためか大学には進学せず親の書店の後を継ぎました。修行で札幌ダイマル(文房具屋)に勤めていた頃よく会いました。やはり大学へは行きたかったようですが思想信条から行かないことに決めたようです。そのかわり彼は本の虫といっていいほど本が好きで高校時代もいつも本を読んでいました。砂川の小さな書店なので近くに大きな書店ができたりしてつぶれそうになったことも幾度かあったそうです。売れそうな本というよりは読んでほしい本を中心に書棚に本を並べていました。それが生き残った理由でしょう。そんな彼が数年前、やはり高校の同級生だった友人に1万円でなにか読んだらいいと思う本を岩田君に見繕ってくれと頼みました。それが受けて、1万円選書が始まりました。だんだん1万円選書は知れ渡り、今では3000人待ちの大盛況となっています。それにしても相当たくさんの本を読んでいなければ1万円選書を注文したお客さんにこたえるような本選びはできないでしょう。それとお客さんが満足する本選びはとても難しいことです。そのためにカルテをつくっているそうです。それまでの生活史や悩んでいることなどいくつもの項目に答えてもらいそれを参考にして本を選ぶのです。ラジオやテレビにでるようになり今回ついにプロフェッショナルへの出演となりました。アイドルを泣かせたエピソードなど面白かったです。砂川のいわた書店です。何年か待ちになるでしょうがご希望の方がいましたらそちらまで連絡するとよいですよ。

日ハムの近藤選手が絶好調です

 昨年は4割をキープしていたにもかかわらず腰の手術で途中で記録ストップしました。今年も4割打っています。とにかく練習が好きでしかも昨年のことでメンタルも強くなりました。いつもニコニコ前向きなところがとても良いです。わたしは彼が捕手をするのをみたいのですが清水選手が急成長してなかなか出番がありません。それと巨人からきた大田選手が一皮むけていいスラッガーになってきました。2番が似合ってきました。今年加入のマルティネス投手はダルビッシュに日ハムは良い球団だからとすすめられ、大リーグからもさそいがあったそうですが日ハムを選んだそうです。彼も好調ですね。そしてなんといっても中田がキャプテンとなり金髪もやめダッグアウトで大きな声を出しているのがみんながまとまる良い起点になっていると思います。

エッセー

                            瀬戸英公

「女子大がなくなる」

 名門女子大が志願者数を減らしている。国文科などは、就職や仕事になんの役にもたたないのだ。以前は、花嫁女子大と揶揄される大学もあったのだが、軒並み共学となり、大学名を変えている。藤女子大さえも共学となる。

 受験勉強は出来ても家事、料理等一切できない若い女性が増えている。

 昔から、私立の経済学部は、数学のない三教科の入試で数学の基礎力がないと近代経済学には対応できず、大学教育そのものが産業化し、学問とは乖離しているのだ。 

 学歴が欲しいだけであって、学問とは無縁の大学教育。多くの女子大もその質を問われているのだ。英文科、仏文科などの文学部。社会や家庭でなんの役に立つのかという問いでもある。

編集後記 利根別川沿いの桜並木が咲き始めました。こぶしは満開です。いよいよ北海道の春ですね。桜並木も桜の苗木が植えられて補修されています。以前故郷大賞を受賞したときのように整備されるとよいですね。政府はいまや滅茶苦茶ですね。総理大臣が嘘を言っていることははっきりしていますし、財務官僚、大臣の不祥事もひどいものです。はやく総辞職して清新な内閣に変わってほしいです。安倍総理がアメリカでトランプ大統領と対談したとき「ドナルド」とファーストネームで呼んでいました。トランプさんも不快そうでしたね。