大月クリニック
                                               心療内科

                                          岩見沢市2条西6丁目3番地2

                                           TEL.0126 25 5568

                                           FAX.0126 25 5926



 大月クリニックは南空知の中心にあります。以前は炭鉱の中心地としてこのあたりの交通機関が集まり人口も多かったのですが、今は閉山の影響で近郊の三笠、美唄、夕張などが衰退し、岩見沢に昔あった遊び場や旅館や料亭もすっかり姿を消してしまいました。中央道りにはきれいな街燈が並びそこを馬車が行きかい駅の前を大勢の人たちが行き来していたころは夢のかなたです。今は田園地帯に囲まれ栗沢ではうまい米日本一になった農家があり、郊外レストランも多く、ワイナリーがいくつもでき、「ぶどうの涙」という映画まで撮られました。札幌のベッドタウンというには少し遠く独自性も残っています。

  そのような中でまだ札幌に4,5件しか心療内科クリニックのなかったころに岩見沢駅前に診療内科クリニックを開きました。農家の方、役所の方、会社の方、自営業の方、学校の生徒さん、家庭の主婦の方などいろいろな方たちを地域の生活状況の中で診ています。生活史と職場の状況と地域の事情などを併せ考え心の問題をみています。                                       
 わたしの専門は文化精神医学です。その見方から精神状況をとらえ対話と薬物療法などを主体に治療しています。

 予約制ですので電話をして受診予約してください。駐車場はクリニックの前と少し離れた横にあります。職員一同ベテランですので安心してご来院ください。 

クリニックの中の様子です。
待合室診察室

                                      
 岩見沢公園の植物園で写真を撮ってみました。


ついでに「なな」です。

プラタナス通信第213号

平成30年12月1日

心療内科 大月クリニック

068-0022 岩見沢市2条西6丁目3番地2

電話 0126-25-5568 FAX 0126-25-5926

当院のホームページ http://www.ootsukiclinic.co.jp

院長 大月康義

診療受付時間

 

午前の部

午後の部

火曜

9時~1130

1時30分~4

水曜

9時~1130

1時30分~4

木曜

9時~12

往診・講義など

金曜

9時~1130

130分~4

土曜

9時~12

 

12月14日金曜から17日月曜、12月30日日曜から来年の1月7日月曜まで正月休み,日曜月曜,祝日は休診です

ゴーン会長逮捕はどういうことなのでしょう?

 最初このニュースを知った時はすごい違和感がありました。逮捕と同時に西川社長が記者会見し、内部調査のけっか不正がありゴーン会長は3日後の取締役会で解任になりました。まだ、有罪かどうかもわからないうちにきめてしまうのはゴーン会長の失脚を企てた結果とも取れます。NHKなども不正があったと報道し続け、NHKスペシャルまで放映しました。まだ、本人の罪状認否が済む以前にです。どうみても早すぎます。最初から、日産のクーデター派とマスコミと東京特捜検察とおそらくは経産省や官邸が慎重に企てた会長解任であるように見えます。ゴーン会長はルノーに日産を吸収させてフランスに大きな利益をあたえようとしていたとの報道もあります。ルノーの社長はフランス大統領です。大統領とゴーン氏の間で日産とルノーの不可逆的な提携関係を結ぶとの約束をするそうです。これで日産がすっかりルノーに吸収されることを危惧した人たちのスタンドプレーのようにも映ります。しかも連日報道される不正が犯罪といえるのかさえまだはっきりしません。それなのにゴーン容疑者と言い換えゴーン氏が悪人であるような印象操作をしているかのようです。

 ゴーン氏はつぶれかけた日産を再生した立役者です。彼がいなければ日産ルノー三菱連合が世界2位の売り上げを誇るようになることはなかったでしょう。それを考えると何十億かのお金がどうのというのは日産にとってどうなのでしょう。重箱をつついて不正探しをしてそれを検察に届けて拘留中に会長解任に持ち込んだといえないでしょうか。もと特捜検事の郷原弁護士は似たようなことを言っています。堀江貴文、村上ファンドなどの特捜による捜査よりも無理があると郷原さんは言っています。わたしはゴーン氏の業績を考えるとあまりに小さなことで会長から追い落としたなという感じが否めません。

紀平選手がすごいですね。

 フィギュアの紀平選手はトリプルアクセルができ、しかもそれに続けて3回転ジャンプをします。技術では世界最高ではないでしょうか。日本からこのような選手が現れるのは、やはり、浅田真央選手が日本のフィギュアを引っ張ってきたからでしょうか。卓球も今は伊藤美誠選手のように中国の世界一の選手に勝てるところまで強くなったのは福原愛選手が引っ張ってきたからでしょう。一人の選手が頑張り続けることでその分野は多くの後輩たちが育ちます。これはどんな分野にでも言えるのではないでしょうか。いまでは大リーグに二刀流の選手が何人か出てきているそうです。大谷選手が常識を破ったことでそれに続くひとたちが現れたのです。突破するひとは偉大です。

タコは利口です

 タコは頭足類といい脳に直接足がついているような構造です。軟体動物で何十億年も昔に人間たち脊椎動物とは別れました。タコはエサを瓶に入れてネジ蓋をまわして閉じるのを見ていると、タコは足で蓋をまわして蓋を開けエサをとりだします。見たことの記憶が極めてすぐれているのです。脳の神経細胞は20億あるといわれています。その話をよんでからはタコが食べられなくなりました。

エッセー

                            瀬戸英公

「マッチ売りの少女」

 クリスマスの夜、マッチなどは売れるはずもなくマッチを点すと暖かな暖炉のある部屋が現れてくる。少女はやさしいおばあさんのいる天国に誘われて冷たくなって亡くなった。▼もうパパとママにいわれなくても しっかりじぶんから きょうよりかあしたはもっともっと できるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします ▼そうノートに書き亡くなった結愛ちゃん5歳。ことしの印象に残る最も悲しい出来事であった。▼これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだからやめる あたたかいクリスマスを!

編集後記 本当に結愛ちゃんはかわいそうですね。